目の下のクマ コラム

目の下のクマにはどんな種類があるの?

投稿日:

目の下クマには3つの種類がある

 

大まかに3つの種類に分けることが出来る目の下のクマ。
以下にまとめました。

 

・茶グマ
シミ同様に皮膚のメラニンが原因となり色素沈着したクマです。
茶グマはさらに2種類に分けることができ、一つが皮膚の層の一番外側である「表皮」に色素沈着したもの。
そしてもう一つが表皮の下にある「真皮」に色素沈着したものです。

 

・青グマ
睡眠不足、ストレス、疲れ、体調不良などで発生するクマ。
夜更かしをした次の日に出来るクマはこの青グマです。
目の下には無数の毛細血管が通っており、不摂生が原因でこの血流が乱れると発生するとされています。

 

・黒グマ
他2つよりも特殊なクマであり、生まれつき目の下の脂肪が少なかったり年齢により皮膚がたるむなどの原因で発生するクマです。
しかし正確には「クマ」というより「影」と言って方が正しいでしょう。

 

それぞれの見分け方

 

対策を取るにはまず自分のクマの種類を把握すること。
それぞれのクマの見分け方を紹介します。

 

・茶グマ
肌表面のシミをファンデーションで隠そうとしてもなかなか隠せないのと同様に、茶グマもメラニン色素の沈着が原因のためファンデーションで隠すことが出来ません。
また皮膚を引っ張ってみても薄くならないのが特徴です。

 

・青グマ
茶グマに対しファンデーションで隠れ、皮膚を引っ張ると薄くなるのが青グマです。
青グマは肌自体に原因があるわけではないので目の下の毛細血管が引っ張られたりすると薄くなります。

 

・黒グマ
正確には「影」である黒グマ。
鏡の前に立ち少し下を向いてみると薄くなるのであれば黒グマです。
黒グマは「影」なのでファンデーションでは隠せず、皮膚を引っ張っても薄くなりません。

 

ちなみにこれらのクマが副業して発生している可能性もあるので注意深く原因を探りましょう。

 

それぞれの改善方法

 

クマの種類を把握したらそれぞれに適した対処を取りましょう。

 

・茶グマ
シミの主な原因は肌のターンオーバー(肌細胞の再生サイクル)が乱れていることです。
ビタミンCやビタミンB2、L-システインなどを積極的に摂取して新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを促進しましょう。
また紫外線対策も重要です。

 

・青グマ
不摂生が主な原因なので、まずは生活習慣の改善から始めましょう。
毎日一定時間の睡眠時間を確保し、栄養バランスの取れた食事を心がける、そして適度な運動。
これだけで青グマはみるみる改善します。

 

・黒グマ
目の下のたるみを改善するためにはビタミンC誘導体入りの化粧水などを使用し、肌のコラーゲンを合成を促進するのが最も効果的です。
黒グマはじっくりと時間をかけて対処する必要があるので根気が大切です。

 

各種類のクマが複合いている場合は、それぞれの対処法を講じてください。

-目の下のクマ コラム

Copyright© アイプリンの解約方法|電話しても繋がらない…悪徳の噂とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.