目の下のクマ コラム

目の下のクマが気になる場合のコンシーラー活用法とは?

投稿日:

クマの種類でコンシーラーの使い方も変わる

目の下にクマがある状態は自分自身も気になりますし、周りからの目も気になります。その為女性の場合は化粧でなんとか隠そうとしがちですが、この化粧のやり方次第ではむしろクマを目立たせてしまうことになります。

クマには血行不良で出来る青いクマと、目の下の陰で出来る黒いクマ、色素沈着で出来る茶色いクマがあり、それぞれにコンシーラーで隠せる場合とそうでない場合があります。

基本的にもっともコンシーラーの効果が出るのが青いクマで、コンシーラーを使うとむしろ目立つのが黒いクマとなります。

茶色いクマに関してはコンシーラーで隠せますが使い方次第ではむしろクマを酷くしてしまうこともありますので、クマのタイプに合わせたコンシーラーの使い方が重要になってきます。

 

青いクマと黒いクマのコンシーラーの使い方

青いクマの場合は血行不良で目の下に血液が滞ることで青く見えてしまいます。

そのためコンシーラーを使用する場合にはその青さが目立たないようにコンシーラーを塗る必要があります。

しかし厚く塗ればそこだけが浮いたよに見えてしまうため、まず目の周りの血行をある程度良くしてからコンシーラーを使用する必要があります。

そのために効果的なのがホットタオルで、コンシーラーを塗る前にタオルで目の周りを温めて血行を促進させてから使用すると、薄くコンシーラーを塗っても目のクマが目立たなくなります。黒いクマに関してはくぼみの陰がクマの原因ですので、コンシーラーを塗ると余計にクマが目立つ状態になります。

その為コンシーラーを使用するのであればクマの部分ではなく目の周りに使用して、くぼみを出来るだけ目立たないように目の周りを明るくすることが上手なコンシーラーの使い方となります。

 

茶色いクマにはコンシーラーは注意が必要

茶色いクマは紫外線や刺激による肌への色素沈着で起きるクマとなります。

その為青いクマや黒いクマとは少々原因が異なっており、血流を改善しても肌のたるみをなくしてくぼみを改善しても消えることは無いクマとなります。

その為コンシーラーで隠すことが最も効果的なクマ隠しとなりますが、肌への刺激が強いコンシーラーを使用した場合には、その刺激が肌への色素沈着を増やしてしまうことにもなりかねません。

特に肌の弱い人の場合、化粧品そのものがクマの原因となる刺激に繋がるため、コンシーラーを使用する場合にはそのコンシーラーが肌に合っているかどうかを確認する必要があります。

肌への刺激が少ないコンシーラーを薄く塗ることで茶色いクマは隠せますが、必ず使用後はコンシーラーを綺麗に落とすということも、色素沈着を防ぐことになります。

-目の下のクマ コラム

Copyright© アイプリンの解約方法|電話しても繋がらない…悪徳の噂とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.