目の下のクマ コラム

クマは遺伝する?クマの種類を知ることで分かるクマの真実

投稿日:

クマは遺伝するものなのか?

目の下に出来る印象を悪くするクマですが、一般的には疲れや加齢からクマはおきると思っている人がほとんどではないでしょうか。

しかしクマの種類によってはその人がなりやすいクマというものがあり、それは遺伝によってクマになりやすい場合があります。

クマの種類には黒く見えるクマ、青く見えるクマ、茶色く見えるクマがあり、その中でも特に黒いクマと青いクマに関しては遺伝でそのクマになりやすいことが分かっています。その為生まれつきクマになりやすい人、なりにくい人と言うものが決まっていると言えます。

黒いクマの原因は目の下のくぼみが原因、青いクマは血行不良が原因ですので、家族の中にいつも黒いクマや青いクマが出来ている人がいる場合、自分も目の下にクマが出来る可能性が高くなります。

 

黒いクマと青いクマの原因とは?茶色クマは遺伝しない?

黒いクマの原因は目の下のくぼみが陰になることでクマに見えるわけですが、これは生まれながらの骨格などもクマが出来やすい原因となります。

例えば彫が深い顔立ちの家系の場合、どうしても目の下のくぼみが目立つことになるため、遺伝で顔が似ている親子はお互いにクマが出来やすいといえます。

青いクマは血行不良によるクマなのですが、血行不良は生活習慣が乱れている場合だけでなく、生まれつき内臓が弱い人の場合でもおきやすくなります。

その為親が内臓が弱い場合、その性質を遺伝で受け継いでいる場合が多いわけです。茶色のクマに関しては色素沈着が原因のため、日頃の生活でのダメージが最もクマの原因になります。

では茶色のクマは遺伝しないのかと言えば決してそうではなく、親がアトピーの人の場合アトピー体質を受け継ぐことが多いため、アトピーが原因の色素沈着も考えられます。

そのためどのクマであっても遺伝による原因は否定できません。

 

遺伝によるクマを改善するには?

クマが出来やすいのは遺伝によるものであることは疑いようが無い事実ですが、遺伝でクマが出来やすくてもそれを正しく対処すればクマを目立たなくすることは可能です。

まず血行不良による青いクマの場合は、遺伝的に血行不良になりやすくても血行改善は可能ですので率先して血行改善できる運動や食事を取り入れれば血行は改善できます。

要するに血流が滞らないように注意すれば防ぐことが可能になります。陰でできる黒いクマに関しても、目の周りの筋肉を鍛えることでくぼみが軽減されますし、肌のハリを保てばクマが出来にくくなります。

茶色い色素沈着のクマに関しても、紫外線を出来るだけ避ける、目の周りに刺激を与えないようにするといった色素沈着の原因となることに注意すれば、遺伝であってもクマは軽減することができます。

-目の下のクマ コラム

Copyright© アイプリンの解約方法|電話しても繋がらない…悪徳の噂とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.